生活、音楽、料理、IT、ライフハックに関する雑記
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< Googleに表示される建物名が増えた件 | main | Googleストリートビューの必然 >>
ダメなテレアポ担当がやってしまう5つのこと
「web集客担当」とか「システム担当」という仕事をしていると、
いろんなところから電話がかかってきます。

「PC等の担当者様いらっしゃいますか?」
「システムのご担当の方いらっしゃいますか?」
「webのご担当の方いらっしゃいますか?」
で、話を聞いてみるとなにかしらの営業なんですが、
できる人とできない人は1分くらい電話で話をしただけでわかるようになってきました。

+できない人の特徴+
1.聞く側の状況がつかめない
 できる人だとまず相手のことを探ってから
 「じゃあウチにはこんなのがありますが」
 と来るのに、いきなり
 「御社○○使ってますか?うちの○○のほうがいいですよ?」
 と言い出す。

 ウチ側の知識なり状況なりを聞かないと
 ぜったいに意義のある提案なんてできないのにね。
 満腹の人を食事に誘っても行かないでしょ?

 できる人は超すばやく状況や知識を聞きだして、
 その上提案までしてくるんだよ。

2.アポをとることだけが目標になってる
 あなたの目標数値はアポ取り件数かもしれないけど
 まったく必要としてない人のところに行っても
 打ち合わせの時間が無駄になるだけでしょ?

 できる人は必要としてくれる人のところにだけ行ってるんだよ。
 だから売上も上がる。

3.聞く側の時間に対する意識がわからない
 あなたの話を聞いている人は、
 たいていあなた以上に忙しいんだよ。

 できる人は全然ダラダラ話さないんだよ。
 きっちりヒアリングするから、短い中に大事な要素を入れられるの。

4.商品についてよくわかってない
 少なくとも、電話をかけた相手より知識は持っていないと、
 相手の時間をほんとに無駄遣いするよ。

 できる人はけっこう愚直に商品の勉強してるもんだよ。

5.引き際がヘタ
 相手の時間をとった上に、有意義な提案ができなかった。
 そんな時にまだだらだら話をしている時がない?
 あなたが「あ、ここは芽がないな」と感じはじめる少し前から
 電話をかけた相手は
 「ちょー、でんわー、ながいよー、自分の仕事したいー」
 と思ってるんだよ。

 できる人は引き際を奇麗に引くから
 相手をイライラさせないし、
 すぐに次に行くからその分たくさんの電話をかける。
 だからアポの件数も増えるんだよ。
スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://usamemo.jugem.jp/trackback/46
TRACKBACK
buzzurl

powered by Buzzurl